CentOS8をHyper-Vにインストール

CentOS8をHyper-Vにインストールしていきます。

※環境:Windows 10 Pro

メディアの入手

CentOSオフィシャルからISOイメージを入手します。

 

距離の近いミラーサーバを選んで、

CentOS-8-x86_64-1905-dvd1.iso をダウンロードします。

仮想マシンの作成

仮想マシンを作成します。

第1世代で メモリ:4G, CPU:4vCPU, HD:30G とします。

※第2世代ではインストール完了後の再起動時「PCI: Fatal: No config space access function found」が発生して起動できなくなりました。現時点(2019/9/25)ではHyper-V第2世代仮想マシンは対応できない可能性有り。

仮想DVDドライブを接続します。

インストール

仮想マシンを起動して、インストールを開始します。

Install を選択

言語は日本語を選びます。

次はインストール概要画面です。

ソフトウェアは「サーバーGUI」を選んではいけません。※インストール後の再起動から立ち上がらなくなる問題があるため。

回避策として「Workstation」の選択が推奨されています。

ほか、変更するのは「時刻と日付」と「インストール先」ですね。

タイムゾーンをアジア/東京へ。

インストール先は、デフォルトの自動構成にします。

パッケージのインストールが始まります。

その間に root パスワード設定ととユーザー作成を行います。

rootパスワードを設定。

ユーザーを作成

インストール後、再起動します。

初期処理

再起動後、ライセンス契約の同意が求められます。

同意して「完了」を選択、「設定の完了」を選択します。

ログイン画面が表示されます。

GUI言語設定は日本語にします。

さあ、CentOS8が使えますよ!